施工方法17

ケーブル工事による低圧屋内配線で、ケーブルとガス管と接近する場合の施工方法として、「電気設備の技術基準の解釈」にはどのように記述されているか。

 

イ. ガス管と接触しないように施設すること。
ロ. ガス管と接触してもよい。
ハ. ガス管との離隔距離を10〔cm〕以上とすること。
ニ. ガス管との離隔距離を30〔cm〕以上とすること。

 

答え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加