施工方法19

金属管工事による低圧屋内配線の施工方法として、不適切なものは。

イ. 太さ25〔mm〕の薄鋼電線管に断面積8〔mm2〕の600V絶縁電線3本を引き入れた。
ロ. ボックス間の配管でノーマルベンドを使った屈曲箇所を2箇所設けた。
ハ. 薄鋼電線管とアウトレットボックスとの接続部にロックナットを使用した。
ニ. 太さ25〔mm〕の薄鋼電線管相互の接続にコンビネーションカップリングを使用した。

答え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加