施工方法8

単相100〔V〕の屋内配線工事における絶縁電線相互の接続で、不適切なものは。

 

イ. 絶縁電線の絶縁物と同等以上の絶縁効力のあるもので十分被覆した。
ロ. 電線の引張強さが15〔%〕減少した。
ハ. 終端部を圧着接続するのにリングスリーブE形を使用した。
ニ. 電線の電気抵抗が10〔%〕増加した。

答え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加