検査方法14

低圧検電器に関する記述として、誤っているものは。

イ. 低圧交流電路の充電の有無を確認する場合、いずれかの一相が充電されていないことを確認できた場合は、他の相についての充電の有無を確認する必要がない。
ロ. 電池を内蔵する検電器を使用する場合は、チェック機能(テストボタン)によって機能が正常に働くことを確認する。
ハ. 低圧交流電路の充電の有無を確認する場合、検電器本体からの音響や発光により充電の確認ができる。
ニ. 喧伝の方法は、感電しないように注意して、検電器の握り部を持ち検知部(先端部)被検電部に接触させて充電の有無を確認する。

 

答え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加