配電理論4

図のような単相2線式配線において、抵抗負荷に10[A]の電流が流れたとき、線路の電圧降下を1[V]以下にするための電線の太さの最小値は。
ただし、電線の抵抗は、断面積1[mm2]、長さ1[m]当たり0.02[Ω]とする。(難易度★★★)


イ. 5.5
ロ. 8
ハ. 14
ニ. 22

 

答え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加