施工方法5

木造住宅の金属板張りの外壁(金属系サイディング)を貫通する部分の低圧屋内配線工事として、適切なものは。
ただし、金属管工事、金属可とう電線管工事に使用する電線は、600Vビニル絶縁電線とする。

イ. 金属管工事とし、金属板張りの外壁と電気的に完全に接続された金属管にD種接地工事を施し貫通施工した。
ロ. 金属管工事とし、壁に小径の穴を開け、金属板張りの外壁と金属管とを接触させ金属管を貫通施工した。
ハ. ケーブル工事とし、貫通部分の金属板張りの外壁を十分切り開き、ビニル絶縁ビニルシースケーブルを合成樹脂管に納めて電気的に絶縁し貫通施工した。
ニ. 金属可とう電線管工事とし、貫通部分の金属板張りの外壁を十分切り開き、金属可とう電線管を壁と電気的に接続し貫通施工した。

 

答え

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加