法令6

電気用品安全法における特定電気用品に関する記述として、誤っているものは。

イ. 電気用品の製造の事業を行う者は、一定の要件を満たせば製造した特定電気用品にの表示を付すことができる。

ロ. 電線、ヒューズ、配線器具等の部品材料であって構造上表示スペースを確保することが困難な特定電気用品にあっては、特定電気用品も表示する記号に代えて<PS>Eとすることができる。

ハ. 電気用品の輸入の事業を行う者は、一定の要件を満たせば輸入した特定電気用品にの表示を付すことができる。

ニ. 電気用品の販売の事業を行う者は、経済産業大臣の承認を受けた場合等を除き、法令に定める表示のない特定電気用品を販売してはならない。

 

答え

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加