no-image

法令5

電気の保安に関する法令についての記述として、誤っているものは。 イ. 「電気工事士法」は、電気工事の作業に従事する者の資格及び義務を定めた法律である。 ロ. 「電気設備に関する技術基準を定 ...

→ Detail

no-image

法令4

一般用電気工作物の適用を受けるものは。 ただし、発電設備は電圧600V以下で、1構内に設置するものとする。 イ. 高圧受電で、受電電力の容量が55kWの機械工場 ロ. 低圧受電で、受電電 ...

→ Detail

no-image

法令3

「電気設備に関する技術基準を定める省令」における電圧の低圧区分の組合せで、正しいものは。 イ. 直流600V以下 交流750V以下 ロ. 直流600V以下 交流600V以下 ハ. 直 ...

→ Detail

no-image

法令2

一般用電気工作物の適用を受けないものは。 ただし、発電設備は電圧600V以下で、1構内に設置するものとする。 イ. 低圧受電で、受電電力の容量が35kW、出力15kWの太陽電池発電設備を備えた ...

→ Detail

no-image

法令1

電気工事士法において、第二種電気工事士免状の交付を受けている者であっても従事できない電気工事の作業は。 イ. 自家用電気工作物(最大電力500kW未満の需要設備)の低圧部分の電線相互を接続する作 ...

→ Detail

no-image

法令5 答え

答え ニ この内容は「電気用品安全法」ではなく、「電気事業法」の内容になります。 →次の問題

→ Detail

no-image

法令4 答え

答え ニ 高圧受電は自家用電気工作物になります。また低圧受電でも小出力発電設備でない発電設備を備えたものは自家用電気工作物として扱われます。 ニの太陽電池発電設備は50kW未満ですので、小出力発電 ...

→ Detail

no-image

法令3 答え

答え ハ 直流750V以下、交流600V以下です。基本になりますので覚えておきましょう。 →次の問題

→ Detail

no-image

法令2 答え

答え ニ 一般用電気工作物は小出力発電設備を備えているものも含みます。 ニの非常用内燃力発電設備を小出力発電設備として認められるのは10kW未満までです。設問は15kWとなっているため一般用電気工 ...

→ Detail

no-image

法令1 答え

答え イ 自家用電気工作物の低圧部分の電線相互を接続する作業は、第二種電気工事士ではできません。第一種電気工事士、もしくは認定電気工事従事者認定証を持っている者だけができます。 →次の問題

→ Detail